体験者の声:オンライン留学でボンド大学院に挑戦されたYumikaさん

オンライン留学でゴールドコーストにあるボンド大学の大学院コース(Graduate Certificate)を修了されたYumikaさんの体験談をご紹介します!

    • Yumikaさん
    • 留学スタイル:大学院留学(オンライン)
  • 留学期間:6か月間
  • 留学時期:2020年秋~2021年春
  • 学校名:ボンド大学

オンライン留学で自分の成長を実感できました

Q1 どんなことを学びましたか?どうしてその学校を選びましたか?

ボンド大学のGraduate Certificateコースでスポーツマネジメントを学んでいます。主に、マネジメントスキルやHigh Performance Sportについて勉強しています。この大学を選んだ理由は、スポーツ関係のレベルの高いことを学べると聞いたからです。将来スポーツの分野で働きたいと思っており、エクセルの方にボンド大学はスポーツ関係の分野に明るく、学内のスポーツ施設も充実しており、有名なスポーツ選手も輩出していると聞き、新しい分野を学ぶ上でとても良い環境だと思いました。

Q2 授業内容、クラスの雰囲気はどうでしたか?

日本と同様かもしれませんが、やはり大学院の授業で求められる内容はレベルが高いです。大学に入学する前、ボンド大学付属のEAPコース(準備コース)に約3ヶ月通いました。そこでの授業内容とは全く違い、大学院では専門的な知識、より深い考察力、グループワークでの協調性が必要です。特に専門知識の面で、私はスポーツやマネジメントの分野を学ぶのが初めてだったので、最初は授業になかなかついていけず悩みました。しかし、教授に相談したり、グループのメンバーに助けてもらうなどして、自分の中での成長を感じることができました。日本からオンラインで受けているのですが、教授は授業中に何度も質問はないか聞いて、オンラインの学生のことも気にかけてくれるので、授業はとても受けやすい雰囲気です。

Q3 オンラインで学んでいて難しいと感じるところはありましたか?その部分はどのように補っていますか?

時々通信環境が悪くなると教室のカメラがオフになったり、教授の声が途切れ途切れになったりすることがあります。また、教室全体の様子はカメラに写りますが、話している人の顔は直接見えないので、表情や口の動きから英語を聞き取ることができません。さらに教室にいる生徒が教授のつけているマイクから遠いところに座っていると、何を言っているのか聞こえない時があります。
オンラインでなく対面の授業でもあることだと思いますが、わからないところがある際はなるべく録画されている授業を振り返って見るようにしています。

自分の意見を発言して議論をしていくことができるようになった

Q4 オンラインで学んでいて対面授業よりもメリットだと感じるところはありますか?

ほとんどの授業が録画されているので、聞き逃したところがあったときや、復習したいときなどにその授業の録画を見れることはとても助かります。

Q5 留学を通して英語力は上がったと感じますか?

EAPコース(英語コース)のときにはディベートやディスカッション、プレゼンがあったりして、何か1つの議題に対して自分の意見を発言して議論をしていくことができるようになりました。また、大学院では専門知識を英語で学び、グループ活動ではチームのメンバーと英語で打ち合わせをしたりして、周りがネイティブばかりの環境でモチベーションがとても上がっています。最初の頃はなかなか自分の意見を言い出せませんでしたが、徐々に発言したり質問したりできるようになりました。

英語が話せるのは当たり前!の大学院留学

Q6 英語力の他には、どのようなことを学びましたか?

英語力の他には、専門的なマネジメントスキルや分からないことがあったときは周りを頼るべきだということを学びました。大学院が準備コースと違って、ほとんどネイティブで英語が話せることは大前提です。全て英語で専門的なことを学ぶので、当然分からないことだらけです。しかし、周りの友達は自分よりその分野に知識がある場合、その人たちを頼って教授ともコンタクトを取って、助けてもらうことが大事だと思いました。

Q7 これから留学する方にアドバイスをお願いします。

オーストラリアにはいろいろな国から来た人がいます。そしてほとんどの人が日本文化に興味を持っており、日本のアニメやドラマなどを知っています。オーストラリア留学をして友達を作る上で、そのようなことを少しでも知っておけば共通の話題になり仲良くなれると思います。また、私が留学で感じたことは、もう少し日本のことを勉強しておくべきだったなということです。それはニュース、日本文化、食事、などです。授業や友達同士の会話で聞かれることが多々あります。留学前にニュースを見て少し勉強しておくと現地で役立つと思います。
最後に、現地では現地の文化に合わせることが大事です。日本ではこうだからとか日本人はこうするという考えを持っていると、カルチャーショックになると思います。オーストラリア人は寛大ですが、他の国出身の人もいるので気をつけてください。

最後に. エクセルのサポートを利用されていかがでしたか?

大学3年のときと今回の2回、エクセルさんにサポートしていただいています。前回は語学学校だったので、レベルの高さにそれほど悩むことがなかったのですが、今回は大学院で学んでいるということもあり、いろんな壁にぶち当たりました。そんなとき、いつ相談しても優しく親身に話を聞いてくださるエクセルさんにとても感謝しています。いつもすごく気にかけて連絡してくださってありがとうございます。

ページトップへ戻る