【ビザの種類】オーストラリアの観光ビザとは?

オーストラリアにはいろいろなビザの種類があり、その中でも短期滞在を希望の方は観光ビザを取得して留学ができます。今回は、ビザの内容や規定、申請方法を確認しましょう。

目次

オーストラリアの観光ビザとは

90日以内の滞在の場合には、ETA(イータ)という電子入国許可を取得します。実際にはETAはビザではないのですが、日本ではこれがオーストラリアの観光ビザと呼ばれています。数日間の旅行の場合でもETAの取得は必須です。この入国許可があれば、90日以内の間現地の学校に通うことも可能ですので、短期留学を希望する方に多く取得されています。

オーストラリアの観光ビザの規定

ETAにはいくつかの規定があります。十分に理解した上で、自分の目的に合うかどうか判断しましょう。

滞在可能期間:90日間

有効期限:ETAの取得後、発行日から12カ月間もしくはパスポートの有効期限(どちらか早い方)まで ※それまでの間は何度でも入国可能

就学に関する規定:滞在可能期間内であれば特になし

就労に関する規定:ETAで入国した人が就労することは違法ですので、オーストラリアで働くことはできません。

オーストラリアの観光ビザでできること

ETAでは90日間の滞在中、旅行をしたり学校に通うことも可能です。ただし就労は禁止されていますので、アルバイトなどの経験はできません。インターネットで簡単に申請ができること、また申請料金も$20と安価のため、90日以内の短期留学希望者で、語学学校に通ったり旅行を楽しみたい方には最適です。

オーストラリアの観光ビザの申請方法

ETAの申請は、航空券手配の際に旅行会社に頼む方法、またはご自身で申請することが可能です。 ご自身で手配する場合は、以下のウェブサイトから簡単に申請ができます。

電子入国許可システム

申請の際には、ご自身で規定をしっかりと確認の上手続きを行ってください。

自分にどのビザが合っているかわからないという場合、弊社で留学の目的や希望をしっかりとお伺いし、適切なビザをご案内しますので、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る