体験者の声:ACNTで看護師の時から興味のあったボディセラピーコースを修了

オーストラリアでDiploma of Integrated Body Therapiesを勉強した後、日本に帰国しグローバル臨床試験のプロジェクトに関わる仕事をゲットされたNamiさんにオーストラリアでの留学生活について振り返ってもらいました。

  • Namiさん
  • 留学スタイル:語学学校(進学準備)+ 専門留学(ボディセラピー)
  • 留学期間:1年7カ月
  • 学校名:Navitas English + ACNT

キャリアアップを模索していた時期にボディセラピーコースとの出会い

Q1 オーストラリア留学を決めた理由は何ですか?

留学前は日本で看護師をしていました。3年勤めた辺りから、仕事も覚えたしこれから先のキャリアアップや将来の展望をさぐるために、もともと夢だった留学をすることにしました。大学中にサンフランシスコに短期留学したことはあったんですが、それから全く英語を勉強していなかったので、留学を決めてからは自力で基礎からまた少しずつ英語の勉強を始めました。

Q2 ACNTのボディセラピーコースを選択した理由は何ですか?

最初はオーストラリアで語学学校に通った後に大学で看護を勉強したいと思っていましたが、語学学校の勉強だけでも大変で、大学進学は相当に強い意志がないと難しいと思いました。また、看護以外のキャリアも模索していた時期だったので、医療英語も学べて昔から興味のあったマッサージを勉強しようとACNTに行くことに決めました。

留学で英語力以上のものを手に入れた

Q3 ACNTの様子はどうでしたか?

クラスメイトの年齢も国籍もバラバラでした。日本なら年齢や職業を基準に判断されるなと思うことが多いですが、オーストラリアではそれら関係なく受け入れてもらえることが経験できてよかったです。

Q4 ACNTでの勉強はどうでしたか?

ACNTではマッサージ、アロマセラピー、医療英語、病理学など幅広く学ぶことができました。学校は楽しかったけれど、勉強は本当に大変でした。授業についていくのが精一杯で、最初の3カ月は本当に苦しかったです。

Q5 その最初の3カ月をどうやって乗り切りましたか?

学校には地元オーストラリア人の学生も大勢いて、自分の英語力では追いつけないことにストレスを感じて…。分からない英単語のオンパレードで、単語を調べるために毎日8時間くらい予習をしていました。正直教科書を開くだけで涙が出てくる毎日でしたが、ある時「自分はネイティブじゃないし授業についていけなくても仕方ない。分からない状態が当たり前!」と思って何かがふっ切れたように思います。いい意味で諦めがついたことも、留学して英語を学んだことの大きな収穫だと思います。

日本で勉強しているだけだと「何で全然喋れるようにならないんだろう…」と悶々と焦ってしまうと思いますが、言葉はそんな簡単に身につくものではないので時間をかけて「継続は力なり」で頑張ろうという覚悟がつきました。

Q6 その体験から得たものは何だと思いますか?

その時までは日本に帰った時のことを想像して、英語をしっかり身につけないと留学が無駄になる!とプレッシャーに感じていましたが、留学全ての経験を通して「英語力」として目に見える以上の素晴らしいものを得たと思います。何より素晴らしい友人を得たことに気づき、最初に想像していた留学とは違った結果になっても無駄なものは何もなかったと思えるようになりました。英語力は+αで付いてきたという感じです。そのおかげで英語がとても好きになりました。

英語が喋れると、経験できる世界が広がることを痛感して、その事が今でも勉強のモチベーションになっています。プチ欝になったり英語力に悩んでつらい時期もあったけど、それを乗り越えたことで自分への自信もつきました。「頑張ったら何でも乗り越えられる!未来は自分で変えられるんだ!」と思えるようになりました。

踏み出したら何とかなる!

Q7 オーストラリアで留学して良かったと思うことは何ですか?

オーストラリアの人は本当に人を人柄で見てくれるところが良いと思います。私は嫌なことがあると「この国の人はこうだから…」とシェアハウスのオーナーに愚痴っていたんです。オーナーはいつも私の話をちゃんと聞いてくれるんですが、いつも最後に”Everyone lives on the same planet.”と言うんです。見ず知らずの私を家族のように受け入れてくれて、素晴らしい体験をさせてもらいました。

日本にいるだけだと、偏見やメディアを通してだけの情報で世界を見てしまうけれど、英語を学んで、実際に色々な国の人と「人と人」としてコミュニケーションすることで偏見もなくなってくると思います。私もシェアハウスのオーナーの恩をきちんと繋いで、いつか留学生などを受け入れたいと思っています。

Q8 これから留学する方へメッセージをお願いします

日本人は英語コンプレックスのようなものがあると思いますが、英語は根気と頑張り次第で伸びる!と思います。留学も最初は怖いかもしれませんが、踏み出したら何とかなります!留学するために捨てたもの以上のものを得られると思います。

ページトップへ戻る