体験者の声:看護師の経験を活かして医療英語を学びながらナーシングホームのお仕事もゲット

看護師としての経験を活かした何かをしたい!と強く希望されていたAkikoさん。医療英語を学んだ後はローカルのナーシングホームのお仕事をゲットされました。最近サーフィンも始めたというAkikoさんにお話を聞きました。

医療英語コースで医療専門用語とオーストラリアの医療事情を学ぶ

Q1 医療英語ではどんなことを勉強しましたか?

とにかくたくさんの専門用語を英語で覚えましたね。日本でも英語でカルテを書いたり、最低限の医療の知識がありましたからすでに知っている単語もありました。

また、学校ではオーストラリアの医療事情やオーストラリアのナーシングホームでのボランティア・仕事探しのプログラムもあって、私自身もオーストラリアの現場で職務体験をすることができました

Q2 医療英語を修了された後にナーシングホームでのお仕事をゲットされたんですか?

そうです。大変なこともたくさんありますが、一緒に働いているスタッフもみんな楽しくて毎日充実しています。休憩中はみんなでクッキーとかアイスクリームを食べながら世間話をしたり。

Q3 英語でのコミュニケーションはいかがですか?

学校に行っているわけではないので、今はクラブやパブに行って出会った人と仲良くなってとにかく話すようにしています。

オーストラリアに来て間もない頃は勉強がうまくいかないと感じたり、こちらでの生活に馴染むのにも時間がかかったけれど、今は大好きな海とオーストラリアの青い空、暖かい空気に包まれて本当にハッピーです。

Q4 これからの夢、プランについて教えてください

今興味があるのはアロマセラピーやカラーセラピーの勉強です。看護師の経験を活かし、セラピストとして病院やナーシングホームでアロマやカラーセラピーを取り入れて患者さんの苦痛を緩和できればいいですね。

Q5 これから留学を考えているみなさんに一言お願いします

日本とは全然違う国で、最初は戸惑うことがたくさんあると思います。でも、一生懸命頑張っていれば、自然に目標が達成できて、楽しい海外生活が送れると思いますよ!!何よりオーストラリアにいれば心がどんどんオープンになっていきます。

みなさんのオーストラリア留学が心から楽しいものになりますように!!

ページトップへ戻る