Karinさん

留学スタイル:語学学校(医療英語コース)
留学期間:1ヶ月

日本の大学で医療を勉強しているKarinさん。1ヶ月という短い留学でしたが、医療英語だけでなく現場視察なども積極的に行い、Karinさんだけの特別な留学体験となったようです。どんな状況もポジティブに受け止め吸収していく、笑顔の素敵なKarinさんにお話しをうかがいました。

日本とはかなり違う人や街だからこそ魅力を感じました

XLE:1ヶ月の短い留学でしたが、お疲れ様でした。Karinさんは日本の大学で医療を勉強されてるんですよね。

Karin:そうです。大学で医療を学んでいるので医療系英語のコースを選択しました。

XLE:いかがでしたか?

Karin:午前は一般英語、午後は医療英語、という感じで1ヶ月学校に通いました。

XLE:Karinさんの行かれたSCEの医療英語は先生が熱心なことで有名ですね。

Karin:先生はとても熱心で気さくな方々でした。授業はテキストに沿って行いますが、疑問があればその場で細かく説明してくれます。クラスの変更やその他進路に関することなど相談しやすい環境だったと思います。学校は街中とは雰囲気が違いまた別の楽しみがありました。英語圏以外の世界各国から、英語を学ぶために多くの学生がきています。年齢は様々でいろいろな国の文化や言語、人柄に触れることができました。

XLE:オーストラリアが多民族国家であることを満喫されたご様子ですね。

Karin:英語圏である、大都市、日本との時差が少ない、行ったことがない、これが私がオーストラリアを選んだ主な理由です。もちろん留学前だったので、オーストラリアの人の優しさ、おおらかさ、誠実さ、素敵な街や景色・・・など知りもしませんでした。今はその選択は間違ってなかったと思っています。日本とはかなり違う人や街だからこそ魅力を感じました。また行きたいです!

卒業後も英語に触れる場に行きたい

XLE:最初はメディカルスタディツアーについてお問い合わせいただいたんですよね。

Karin:そうですね。留学をしたいなと興味本位で検索し、インターネットでさらっとXLEを見つけたんですが、今ではその出会いに感謝しています。留学を考え始めた頃から帰国するまで私を支えてくださってありがとうございました。

学校やホームステイ先の選択以外にも、私が大学で学ぶ医療系に関係していくつかの施設とアポを取り見学をさせていただきました。これは非常に有意義な経験で、現在の学生生活、今後の進路を考える上でとても意味のあるものでした。また金銭面で困った時すぐに対応してくださり、私の危機的状況を救っていただきました。滞在中安心して生活できたのはXLEがあったからです。

XLE:留学前と後で、自分の中で変ったこと、成長したと思うことはありますか?

Karin:日本に帰国してから感じることが多いですが、単純に心が広くなったかなと感じます。すぐ変わるようなことではありませんが、以前よりも少しだけ。それはオーストラリアの人と出会い、学校で世界各国の人と出会い、街を歩き、その中で得たものだと思います。日本や日本人を日本の外側から見たことで、いい面や悪い面、他国と違うこと、価値観など多くを客観視できました。また自分のこれからの進路に関しても考え直すいい機会になりました。

XLE:これからの夢、プランを教えて下さい。

Karin:現在日本の大学に在学中なので、まず卒業し国家資格を取ります。そのあとは海外の大学院に行くか、海外で少し違った資格を取得し日本に戻るか、日本で働くか、模索中です。とにかく卒業後も英語に触れる場に行きたい気持ちはとても大きいです。今回の留学の経験を今後の生活設計に生かしていきます!

留学で得られるのは決して英語だけではありません

XLE:それでは最後に、オーストラリア留学、またこちらの学校に入学される後輩の皆さんに一言お願いします。

Karin:留学で得られるのは決して英語だけではないです。たった1か月の滞在だったからこそ自信を持って言えます。私の場合正直英語力は1ヶ月ではあまり上達しませんでした。もっと英語の学習に力を入れればよかったと少し後悔している部分もありますが、1ヶ月でできるだけ多くの場所を歩き、人を見て、街を見て、得られたものは大きかったです。とにかく外に出て歩いてください!食べてください!話してください!見てください!何か得られるはずです!

XLE:本当にそうだと思います!Karinさん、ありがとうございました。