Takahiroさん

留学スタイル:インターンシップ
留学期間
6ヶ月

オーストラリアの首都キャンベラでホテルインターンシップを体験したTakahiroさん。ホテルからもとても気に入られてインターンシップ留学を大成功におさめられました。

 

 


大変なことも多かったけれど、周りの人に支えられて楽しかった半年間!

XLE:語学学校で就学した後、インターンシップに参加しようと思ったきっかけは?
Takahiro:もともと旅行業界も将来の職種として興味のある業界でしたので一度働いてみたいと思ったのと異文化での就業経験を一度大学を卒業する前に経験してみたかったんです。
XLE:ホテルでは実際にはどんなお仕事をされていましたか。
Takahiro:メインのポジションはランドリースタッフのモーニングシフトとして働いていました。忙しい時などにはハウスキーピングやメンテナンスのお仕事もボスから依頼されました。
XLE:他のポジションを任されているところに、ホテルから信頼されていた様子がうかがえます。
Takahiro:最初は正直生活面、仕事面でうまくいかないこがあったのは事実です。しかし周りにはたくさんの仲間もいてときには厳しいボスでしたがたくさんの人に支えられて6カ月間楽しくインターンシップに参加できたと思います。


オーストラリアならではの場所で、現地の人と交流する機会にも多く恵まれました

XLE:政府関係のオフィスが集まるキャンベラでのお仕事でしたね。キャンベラについて教えてください。
Takahiro:日本人が他の都市にくらべて少ないこと、そして有名な大学もあるので現地の人と交流する機会が他の都市よりも多いことが印象的です。博物館や国会などといった建物が多くあるのでよりオーストラリアについて知ることができるのもキャンベラならでは。計画都市なので町並みが本当に綺麗です。テルストラタワーからの景色も格別。シティーにある湖の周りではフラワーフェスティバルがあったり毎日噴水が噴いている美しい街です。交通費も3ドル以下と他の大都市に比べると非常に安いことも嬉しかったですね。個人的にはキャンベラは住む場所としては好きでした。冬は寒く最初は「キャンベラかー」と思いましたが、今ではオーストラリアについて色々知ることができ本当に良かったと思ってます!インターンだからこそ知り得たこの機会に感謝です。
XLE:そんな美しい街で、お仕事がないお休みの日は何をして過ごされていましたか。
Takahiro:キャンベラは自分が想像していた以上に訪れる観光スポットがあり休みの日は観光に出かけり、友人とご飯を食べたりときには勉強をしていました。


インターン成功の秘訣は参加前の英語の勉強!

XLE:これからインターンシップに挑戦したい!という人に一言お願いします。

Takahiro:海外で働くという事は簡単ではないことは事実です。ですがきちんと自分が働いた分だけまわりも自分のことを認めてくれるので本当にやりがいのあった半年間でした。 やはり英語力は本当に必要だとは思います。コミュニケーションがお互いにしっかり取れれば必然的に信頼関係も生まれてくるかと思います。なのでぜひとも参加する前にきちんと英語の勉強をしてくださいね!