Chihiroさん

留学スタイル:インターンシップ
留学期間
1ヶ月

シドニーでオフィスインターンシップに参加したChihiroさん。海外での、しかもオフィスでのインターンシップについてたっぷり語っていただきました!

 


英語+海外+オフィスでのインターンシップ。これしかないと思いました!

XLE:では、ズバリ、なぜインターンシップに参加しようと思いましたか?
Chihiro:以前よりどんな職種であっても、国内でも海外でも、とにかくインターンシップには参加しようと思っていました。就職活動の話をよく聞くようになってきて、自分が数年後には就職するという事を考えたときに、これまで飲食業のアルバイトしか経験したことがない事がとても不安に感じられたんです。なので今回のオフィスで、それもオーストラリアでの仕事というのはとても惹かれました。
XLE:日本ではなくオーストラリアでインターンシップをしようとした理由は何ですか?
Chihiro:ルボルンで一年ほどの留学経験があるんですが、帰国してすぐに、どんどん英語が抜けていっている事に悩んでいました。日本にいても、英語を話す機会は作ろうと思えば作る事はできますが、やはり大学やアルバイトに追われて、なかなかそんな機会が作れなかったんです。
XLE:なるほど、分かります。実際多くの留学経験者の方が同じような事を言われます。
Chihiro:そうなんです。だから前からインターンシップは海外に行くべきかな、と考えていたんです。そんな時にオーストラリアでのインターンシップの機会を得ることができました。
XLE:英語も話せるし、インターンシップもできるし。まさにピッタリですね。
Chihiro:英語を話す機会を得る事ができる上に、これまで経験のないオフィスでの仕事というのはとても魅力的であったし、それにずっと恋しかったオーストラリアでの生活をまた送る事が出来る事がとても嬉しくて、オーストラリアに行く事を決心しました。
XLE:Chihiroさんは現在大学3回生ですが、3回生の夏休みを利用してインターンシップというのもやはり理由が?
Chihiro:やっぱりインターンシップに興味を持ったのが就職活動に対しての不安からだったので、就職活動が始まる3回生の夏休みに挑戦することにしました。就職に対してのイメージを少しでも持つ事が出来るだろうと思ったからです。また、就職活動時にメルボルンでの留学、そして今回のインターンシップでの経験をアピール出来ると思ったからです。
XLE:確かにそうですよね。留学経験とインターンシップの経験と両方あるとかなりのアピールになりますよね。


小さなことでもやり遂げると達成感がありました

XLE:それでは、インターンシップのお仕事内容を聞かせてください。どんなお仕事をされましたか?
Chihiro:まずシドニーにある語学学校の訪問です。そして訪問した学校を紹介する文章作成。オフィスの方々に助けられながらも、自分でアポイントメントをメールや電話で取りました。
XLE:英語で電話やメールのやり取りもこなしたんですね。
Chihiro:はい。訪問先の学校では、マーケティング担当の方と一緒に学校を見学したり、学校の特徴などについてお話をしました。あと、自分のプロジェクトです。企画書作成から、企画物(シドニーの宣伝動画)の制作まで、全て自分でやりました。何かを企画する事自体が初めての経験だったので、企画書の作り方から自分で調べて作成しました。
XLE:企画書ですか、かっこいい。早速就職先で実行できそうですね。
Chihiro:あとオフィスのスタッフ内でのミーティングや、取引先とのミーティングにも参加させて頂きました。初めての英語でのミーティングは、とても面白かったです。「英語だとこんなふうに話すんだ」とか「こんなふうに話を持っていくんだ」といった新しい発見がありました。マーケティングの仕方も人それぞれ違っていて、説得力も変わってくる、というのは、実際経験してみてとても興味を持ちました。
XLE:その他、難しかったことはありますか?
Chihiro:電話の受け取りですね。最初は緊張しました。あと、メール一通送るにしても、正しい英語を使えているのか、フランクすぎないか、といった事もとても不安でした。疑問や不安な事があれば、絶対に他のスタッフの方に聞くようにしていました。
XLE:じゃあ、楽しかったことは?
Chihiro:オフィスの方がみなさん優しく楽しい方ばかりだったので毎日楽しく過ごすことができました。新しい事は、何であっても緊張してしまいましたが、小さな事でもやり遂げるととても達成感がありました。


就職活動でしっかりアピールしていきたいです

XLE:今回のインターンシップはすごく学ぶことが多かったようですね。
Chihiro:今まで学生生活で見てきた世界というのはとても狭かったという事に気付かされ、もっと広く視野を持って自分から発見して行かなければいけない、という事に気付かされました。また、タイムマネージメントがとても大事だという事は頭ではわかっていてもとても難しかったです。毎日何が起こるかわからないし、どんな仕事が入るかわからないオフィスの仕事では、しっかりタイムマネージメントをしなければ、仕事を終わらす事が出来ないという事を学びました。また、リサーチがとても大事であるということです。どんな事でも、自分がしっかり理解した上で行動しなければ、しっかりとした仕事は達成できないとわかりました。
XLE:就職活動にはどのように生かしていけそうですか?
Chihiro:今回頑張った事は全てリストアップして、まとめて残しておこうと思います。今回のインターンシップで、たくさんの事を得ました。就職活動の時にも、インターンシップで私はこんな事を頑張ってきたんだ、とアピールしたいと思います。また、たくさんの事をリサーチしていて気付いた事ですが、自分から探していかなければ、進む道も見つからないというのは、当たり前のことだけど、私にとってはとても大きな発見でした。就職活動においても、他人から聞いた情報や、就活サイトに載っている情報だけではなく、少しでも興味を持つ企業や仕事があれば、自分でしっかりリサーチして、その企業や仕事についてよく知る事が就職活動においてもとても重要になると思いました。
XLE:頼もしいお言葉です!それでは、これからオーストラリアでのインターンシップを考えている人に一言。
Chihiro:オーストラリアでインターンシップの機会を得る事は簡単ではないかもしれませんが、探す前から、何か行動しておく事もとても大切だと思います。それはもちろん英語の勉強もそうだし、レストラン等で経験を積んでおく事も、どんな事でもたくさん経験しておく事は絶対無駄にはならないと思いました。 やはり、日本とは全く違う環境で仕事をする事はとても大きな経験だと思います。私は今回このインターンシップに参加させて頂いて、たくさんの発見があり、たくさん教えて頂いた事で様々な事を吸収する事ができました。自分自身でもとても成長したと思います。ぜひ、勇気を持って、頑張ってみて下さい。