体験者の声:ボンド大学附属語学学校で半年間英語を勉強

遊びも勉強も100%で楽しむShotaさん。ボンド大学附属語学学校で英語の勉強、そしてフリータイムには近くのビーチで大好きなサーフィンを満喫されたようです。

色んな国の友達ができました

Q1 ボンド大学附属語学学校はいかがでしたか?

クラスには色んな国からの留学生がたくさんいたので、友達がたくさん増えてみんなでワイワイ騒いだり、サーフィンしたりしました。学校は設備がいいし、綺麗でよかったです。

Q2 英語力は伸びたと実感しますか?

最初の2、3週間は英語が全然理解できなくて落ち込みました。ホストファミリーにも通じないし、授業も何やってるか分からなくてどうしたらいいんだろうと。

自分では実感していなかったんですが、留学後半に日本の家族が遊びに来た時にホストファミリーと一緒に食事をしたり、家族旅行をしたり。その間ずっと通訳していたら、家族から自分の英語力を褒められてうれしかったですね。そこで、自分でもやっと成長したんだなと実感できました。

最高のホストファミリー、友との出会い

Q3 半年間ずっとホームステイでしたが、いかがでしたか?

オーストラリアに到着して2日目にホストマザーの弟と息子さんと一緒にビーチパーティに行った時に「Welcome to Australia!」と言われてうれしかったですね。

ホストファミリーは本当に最高の家族で、クリスマスの時も友達や親せきが集まってツリーを飾って、その下に100個以上のプレゼントを並べました。クリスマスには家族が「This is for Shota!」と、その中から1個プレゼントをくれました。

途中からニコというイタリア人もホームステイに加わって、ニコと兄弟のように仲良しになりました。何をするのも一緒で、遊びに行くのも飲みに行くのも一緒に行動してました。ニコがイタリアに帰国する時は大泣きで大変でした。

シェアハウスに移るという選択肢もあったんですが、何よりもオーストラリアの文化が感じられるし最高のホストファミリーだったのでホームステイを続けました。シェアハウスに移っても同じ出身国同士集まってしまったら意味がないし、金銭的にもあまり変わらなかったと思います。

自分から行動しないと何も始まらない

Q4 将来の夢、プランを教えてください

将来的には海外に行ける企業、商社に就職したいです。でもその前にもっと英語を高めたいですね。まだ100%ではないので。そしてできればもう1年オーストラリアで勉強したいです。

Q5 今からオーストラリアに留学される方にメッセージをお願いします

自分から行動しないと何も始まらないと思います。もし留学しようか迷っているなら100%やった方がいいと思います。たとえ3ヶ月の短期だとしても色んな考え方が変わってくると思います。日本人は引っ込み思案と思われてるんですよ。ちょっと悔しいじゃないですか。常に相手から話しかけてくれるわけではないので、誘いやパーティーがあれば99%行くつもりで、日本人気質じゃないと思われるぐらいの気持ちで行ってほしいです。

ページトップへ戻る