シドニー工科大学附属語学学校(インサーチ)

University of Technology Sydney INSEARCH


「サクセスフルキャリアへの道」がモットーのシドニー工科大学附属の語学学校、インサーチです。大学への入学プログラムが充実しています。また、シドニー工科大学のキャンパスは多額を投じて大規模な改築が行われており、アメリカで活躍する建築家フランク・ゲーリー氏が設計を手掛けるなど、世界の建築家からも注目を集めています。

目次

シドニー工科大学附属語学学校(インサーチ)基本データ

生徒数 約650名
住所 シドニーキャンパス
187 Thomas St, Haymarket NSW 2000
学校HP https://www.insearch.edu.au/courses-programs/english-language-courses
主なコース
  • 一般英語
  • 進学準備

ページトップへ戻る

シドニー工科大学附属語学学校(インサーチ)を選ぶ理由

語学コースと専門学科を合わせたカレッジ

インサーチには語学コースだけでなく、ディプロマコース、シドニー工科大学ファンデーションコースがあります。インサーチの教壇に立つ教師はシドニー工科大学でも講義を受け持つ大学講師です。インサーチでのコース修了後はシドニー工科大学の学士コースに編入することが可能です。語学コースに通う学生もそのほとんどがシドニー工科大学への入学を目指しており、勉学のモチベーションの高い学生ばかりです。

最先端の技術

シドニー工科大学と同様、インサーチには最先端の学習技術が導入されています。講義に使われるシアターを始め、インサーチの学生用に特別に用意されたコンピュータの数はおよそ700台にのぼります。また、語学コースの学生は教師と生徒のクラスルームでの勉強の他、スマートフォン、タブレットやノートパソコンでいつでもどこでもアクセスできるオンライン勉強ツールを提供しています。シドニー工科大学の図書館を利用することも可能で、この図書館はオーストラリアで2つしかないロボットによる検索システムを導入している図書館のひとつです。

学習サポート

ラーニングセンターでは、学生がより効率的かつ効果的に英語を学習できるよう工夫された様々なアクティビティを提供しています。スピーキンググループ、ショートフィルムディスカッション、アシスタンスセッションなどを通して、学生はオンライン学習などで身につけた語彙や文法を実践で伸ばすことができます。また、大学進学を目指す学生が多いインサーチでは、学業面でしっかりとしたアドバイスやサポートを提供するアドバイザーが常時学生のカウンセリングに対応しています。留学生の抱えやすい問題にも熟知しており、学業だけでなく生活全般に関する相談にものってくれます。

質の高さ

インサーチでは25年の英語教授の歴史があり、教師陣は平均で15年の英語教師の経験があります。その内30%はIELTSの試験官、15%はケンブリッジ検定試験の試験官、30%は英語教授の修士課程の修了証を保持しているレベルの高い教師ばかりです。また、カリキュラムは2.5億円を投資した最先端で最新のプログラムです。

充実した学生生活

インサーチには学生が率いるアクティビティクラブがあり、学生は誰もが無料で参加できます。バーベキュー、スポーツ、語学エクスチェンジや小旅行などで交流を広めることができます。また、インサーチの学生はシドニー工科大学のクラブに参加することも可能です。ボランティアプログラムでは常時オリエンテーションで新しい学生をサポートする学生と学生会のメンバーを募っており、イベントの計画などを通して一生涯の友達ができると学生からのフィードバックをもらっています。

ページトップへ戻る

シドニー工科大学附属語学学校(インサーチ)についてエクセルからひとこと

シドニー工科大学、その附属のインサーチ共に最先端の技術が導入されているのが特徴です。大学の新しいキャンパスはシドニーの新しい象徴的建築物とも呼ばれており、何かと話題にのぼる大学です。ディプロマのコースを併設していることで、地元の学生との距離が近いことも特徴のひとつです。大学の学生に敷居の高さを感じる語学コースの留学生も、インサーチのイベントで地元の学生達と気軽に交流できるようです。

ページトップへ戻る

シドニー工科大学附属語学学校キャンペーン情報

ページトップへ戻る