ロイヤルメルボルン工科大学付属語学学校(RMIT English Worldwide)

RMIT English Worldwide


RMITに入学を目指す学生のアカデミック英語力を鍛える英語プログラムを提供しています。大学入学が目的ではない留学生も語学コースを受講することができます。

目次

RMIT大学附属語学学校基本データ

住所
学校HP
主なコース
  • 進学準備

ページトップへ戻る

RMIT大学附属語学学校を選ぶ理由

質の高いカリキュラム

RMIT English Worldwideは50年に渡って英語コースを提供している歴史があります。British CouncilのELTons Awardsでは2015年の‘Excellence in Course Innovation’カテゴリーで最終候補に選ばれ、また英語コースを提供する教育機関のカテゴリーで2015 Victorian Government International Education Awardsのファイナリストになった実績があります。世界中から集まった認可を受けた経験豊富な教師陣がクオリティの高い教育を提供しています。

豊富なレベル分け

RMIT English Worldwideが提供するEnglish for Academic Purposes(EAP)プログラムは6つのレベルに分かれています。ElementaryからAdvanced Plusまで、様々なレベルの学生に向けたクラスを開講しています。多くのEAPプログラムでは入学できる最低英語レベルが定められていますが、RMIT English WorldwideではElementaryクラスがあるためIELTS 3.5以上から入学することが可能です。初級レベルであってもしっかりと基礎から学べることで、大学の授業にキャッチアップできるアカデミック英語力を身に着けることができます。

学生サポート

RMITは国内でも留学生比率の高い大学であることから、キャンパスで働く10,000人ものスタッフも非常に多国籍です。そのため留学生向けのサポートも充実しており、英語が第二言語の学生に対するアカデミックサポートや、自国を離れて生活する留学生のメンタルケアサービスが整っています。

どこへでもアクセス抜群の立地

RMIT English Worldwideがあるメルボルンシティキャンパスは、メルボルンの中心地に位置しています。カフェやレストラン、ショッピングモールはもちろん、広々とした公園や観光地へのアクセスがしやすい場所です。公共交通機関も整っており、トラムや電車を利用してメルボルンシティを散策したり、郊外から通うにも非常に便利な立地です。

ページトップへ戻る

RMIT大学附属語学学校についてエクセルからひとこと

RMIT大学付属語学学校(RMIT English Worldwide)では、多国籍な環境でアカデミック英語力を基礎からしっかり鍛えあげることができます。開講しているレベルが豊富なため、どんな英語レベルの学生でも自分に合ったクラスで学ぶことができるのも大きなメリットです。メルボルンの中心地にあるキャンパスならレストランやカフェ、観光地にもアクセス抜群。キャンパスでの時間も放課後もきっと充実した留学生活を送れるはずです!

ページトップへ戻る