SBTA&SELAへ学校見学に行ってきました!

英語コースと専門コースを提供している、SBTA&SELAへ行ってきました!

SBTA&SELAはシドニーの中心部セントラルやタウンホールからも徒歩圏内のチャイナタウンの近くに位置しています。英語コースはもちろん、ビジネスやホスピタリティに強く、近々クッキングコースも開設予定で、現在は最新のキッチンクラスルームを設置中とのこと。特にツーリズム・ホスピタリティコースが人気で、レベルごとに多岐に渡ったコースから選択することができます。

今回は見学で見えたSBTA&SELAの魅力をお伝えします!

目次

少人数制で実践に近い授業

授業中の時間帯にお邪魔したので教室を覗いてみると、少人数制でみなさん真剣に授業に取り組まれていました。和気あいあいと発言しやすい雰囲気が感じられ、楽しそうな学生の顔が見られました。人気のホスピタリティコースでは教室にバーカウンターやバリスタの設備がされており、授業中に実際にドリンクやコーヒーを作り、実践に近い状況で学ぶことができます。英語コースとホスピタリティコースが共同で行っているコーヒークラブでは、英語コースの学生が実際のコーヒーマシンを使ってバリスタの経験をすることもできます。

経験豊富な教師が揃う

教師陣はその道のベテランばかりで、ビジネスコースでは長年オフィスで経験を積んできた先生や、ホスピタリティコースでは20年以上のキャリアを持つ教員が自身の経験も交えながら教えているので、教科書に沿ったものだけでなくリアルな現場の状況やアドバイスを貰うことができます。英語に関してもTeachingに長年携わってきた教師が多く、それぞれの学生のバックグラウンドも理解しているため生徒に寄り添った教え方を心がけています。

多国籍の環境

英語コースと専門コース共に所属する日本人学生の割合は極めて少なく、東アジアや南アメリカ、ヨーロッパからの学生の比率が高い傾向にあるため、日本人があまりいない環境で勉強がしたいという学生にはオススメの環境です。授業以外にもアクティビティも豊富で、生徒だけでなく教師やスタッフも混ざって定期的にイベントを行っており、英語力の向上と共に異文化交流も図れます。

ページトップへ戻る

まとめ

ベテラン教師から楽しく英語や専門知識を学びたい方には非常にお勧めしたい学校です。アクティビティも頻繁に開催されており、スタッフや教師陣も積極的に参加しているため生徒間だけでなく学校全体が一丸となっている印象を受けました。実際に見学中も多くの教師が笑顔で声をかけてくれたり、和気あいあいと楽しそうな雰囲気が伝わってきました!

SBTA(専門学校)の学校情報はコチラ

SELA(語学学校)の学校情報はコチラ

ページトップへ戻る