私の英語勉強法:エクセルAYAKA

エクセルカウンセラーのAyakaです。当初は1年で帰国する予定だった留学ですが、1年経って自分の英語力に納得ができずもう1年、そしてもう1年…を繰り返し、その間に様々な出会いがあり、オーストラリア歴も長くなりました!何年いても、英語の勉強は必要と身をもって実感しています。そんな私が実践しているお勧めの英語勉強法はこちらです。

目次

多聴より精聴(リスニング強化)

一般的に日本人はリスニングとスピーキングに苦手意識がある人が多いと言われています。私もその内の1人です。リスニングを鍛える私のお勧めは、精聴です。よく、英語は聞いた分だけ耳が慣れてだんだん聞こえてくる、と言われているかと思います。それも一理あると思いますが、私は精聴と組み合わせる事によって、もっとリスニング力が伸びやすくなると個人的に思います。精聴のやり方としては、英語の教材何でもいいのですが、台本と音声があるものを用意します。まずは台本を読みながら、音に合わせて、一言一句何を言っているかに注意しながら何度も聞きます。暗記する位、何度も聞いて下さい。ある程度何を言っているか分かるようになったら、今度は台本なしでその音声を聞きます。そうすると驚くくらい、理解が違います。これをすることによって、聞き取りにくい前置詞theとかaの音も分かるようになります。

英語で独り言(スピーキング強化)

日本では英語は義務教育なので、ある程度の文法や基礎知識がある方が多いと思います。しかし、もしあなたが英語を実際に使った事があまりなかった場合、ちょっとした事をとっさに英語で伝えるのに苦労した事はありませんか?例えば海外旅行に行った時、「トイレはどこですか?」「駅までどうやって行ったらいいですか?」など、たとえ中学英語レベルの文言でも、これまで発する機会がないと中々さっと出てこないかと思います。どんどん英語を使って色々と経験する事がペラペラへの近道ではないでしょうか。その為に留学される方も多いかと思いますが、1人でも今から実践できる方法があります。英語で独り言です。今日は〇〇をした、〇〇について考えてみたけど〇〇だった、〇〇についてはどうだろう…このような自問自答を英語でします。周りに人がいたら怪しまれるかもしれませんが、1人でお風呂に入っている時などに試してみてください。言いたい事を英語で言う、という癖付けを行うと実際に使う場でさっと出てきやすくなるかと思います。

シャドーイング(発音強化)

TEDというアプリケーションはご存知ですか?詳しい説明は当ホームページのリンク集に載せていますので割愛しますが、様々なトピックについて、世界中から色んなジャンルの方がプレゼンしているビデオです。このアプリでは英語で話される動画を見ながら、英語字幕もつける事ができます。英語を聞きながら、(ほぼ同時に)その後を追って真似しながら自分も発音します。一般的にシャドーイングとして知られていますが、この練習をする事で綺麗に発音する練習ができます。

英語の試験勉強(文法・リーディング・ライティング強化)

この分野は勉強あるのみです。自分が気に入った参考書、TOEIC・TOEFL・IELTS・ケンブリッジ検定等、試験対策勉強をする事によって強化されるかと思います。個人的にはケンブリッジ検定テストは、より実践的な英語が学べるので、対策をする事により英語の底上げが見込めると思います。

ケンブリッジ英検とは何か詳しくはこちら

英語を楽しむ

英語の映画・ドラマを観る、洋楽を聞く・歌う、何でもいいです。好きこそ物の上手なれ、たくさん英語に触れて楽しんでみてください。

ページトップへ戻る