私の英語勉強法:地元企業で活躍中のASAMIさん

私は英語圏での生活は10年以上になりますが、まだまだ英語に関しては勉強中です。英語に限らず言語の勉強には終わりがないように思います。例えば、私の母国語は日本語ですが、それでも知らない日本語の言葉や言い回しが数え切れない程あります。英語も同じで、未だに日々間違えることや発見があります。ということで、言語を学ぶ上で一番大切なことの一つは「続けること」だと思います。ここでは私が思う「続けられる英語の学習法」を紹介したいと思います。

目次

使えるものを使う

私は、長く続けられることと三日坊主になることの差が激しいのですが、英語の学習を長く続けられた理由としては、無理なく続けられる方法をとっていたからだと思います。例えば、当たり前のようなことですが、日本にいる時も学校での英語のクラスに興味を持って参加し、気になることは先生に質問をする。「日本の英語教育では英語を話せるようにはなれない」という声を聞きますが、私は一概にはそうは言えないと思います。私自身、留学する前から学校での勉強と自主勉強で、かなり低いとは言え、一定のレベルの英語を話すことができていました。授業で出てきた知らない単語はどんどん調べたり、そこから広げて「じゃあこれは何ていうんだろう」と自分で調べてみたり。休み時間はALTの先生のところに話しに行ったりしていました。本に関しても、新しいものをどんどん買うのではなく、まずは持っている本を読み潰す。とにかく既に持っているもの、与えてもらっている環境をどんどん活用しない手はないです。

無理なく続ける

英語を勉強する中で「毎日英語の新聞を読むぞ」と意気込んだことがありました。自分でも予想がついた通り、全く続きませんでした。内容が難しいということもありましたし、毎日楽しみにできることではなかったからです。それに比べて、自分の大好きな映画に関する雑誌を読む時は驚くほど興味を持って集中して読むことができました。難しい内容、為になる内容を読むのはいいことですが、正直続けるのは難しいと思います。それならば、簡単でも自分の好きなことから始めてみては。スポーツ、芸能、アート、何でもいいと思います。

オンラインは無料学習の宝庫

留学したり、ネイティヴの先生に英語を学べることは確実に飛躍的な言語習得に繋がると思うのですが、みんなができる訳ではないし、できてもいつでも(いつまでも)できる訳ではありません。それを克服できて、上の二つ「使えるものを使う」と「無理なく続ける」を実践できるのがインターネットです。携帯電話からでも利用できるし、自分の無理のない時間に勉強することができます。通勤通学もいい勉強時間になります。インターネットでも、自分の興味のあることから調べ始めるといいと思います。例えば、私は映画が好きなので、YouTubeで「俳優の名前、interview」と検索して、自分のお気に入りの俳優さんが話すのを聞いていました。聞いた後は、かっこいいフレーズなんかをその人が言った通り真似して言ってみたりしていました。

ページトップへ戻る