【日本にいながら留学!?】オンライン授業とは?

世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で、多くの大学や語学学校がオンライン授業に切り替え教育を提供しています。これから日本でも同様の対応が取られると予想できますが、オンライン授業とはどのようにして行われているのでしょうか。実際の授業の動画や画像を交えながらご紹介していきます!

オンライン授業とは?

オンライン授業とは、その名の通り、大学や語学学校で提供されるクラスがオンラインで行われることをいいます。

現在、新型コロナウイルスの影響により、多くの国で感染拡大防止のために外出自粛の要請や自宅待機の規制が出ており、対面でのクラスの提供が難しい環境にあります。そんな中、オーストラリアでは各大学や語学学校で早急に対応がされ、授業の提供を停止することなく、引き続きオンラインで対面式と変わらないクオリティで授業を受けることが可能になっています。

オンライン授業の参加方法

オンライン授業はみなさんがお持ちのパソコンやスマートフォンを利用して受講することができます。

どのようなソフトウェア・アプリケーションを利用するかはそれぞれの大学・語学学校によって異なりますが、多くはZoomを利用しているところが多いようです。Zoomとは、インターネットを使って、参加者の顔を見たり資料を共有しながら複数人で会話ができるビデオミーティングソフトフェアです。イメージとしては、LINE電話やFaceTimeのようなものです。

対面の授業と同様にクラスメイトや先生と会話しながら授業を受けることができ、ディスカッションやプレゼンテーションも授業に組み込まれています。また、授業外アクティビティ(会話クラスやワークショップなど)もオンラインで行われるため、授業以外にも他の学生や先生と関わる機会が多く用意されています。

オンライン授業の実際の様子

いろいろとご説明をしてきましたが、百聞は一見に如かず。実際の授業を見てみましょう。

こちらはEC Englishで提供されている実際の授業です。

この動画では世界中のあいさつについてそれぞれ学生が自国の文化に基づいて説明をしています。オンライン授業であれば自分で音量の調節ができたり、一人ひとりの声がはっきりと聞こえるので対面授業よりもしかすると聞き取りやすいかもしれません。またパソコンを通すことで少し恥ずかしさも半減し、対面よりも発言やすいと感じる人もいるのではないでしょうか。学生同士のディスカッションもスムーズに行われていますね。

次はEnglish Language Companyの実際の授業のスクリーンショットを見てみましょう。

こちらは画面共有をしながら、文法の勉強をしている様子です。この方法であればホワイトボードがなくても教室と変わらず授業を受けることができますね。

オンライン授業とオンライン英会話の違い

オンラインであればオンライン英会話の方がいいのでは、と考える方もいるかもしれません。そこで、以下にオンライン授業のメリットを挙げてみました。

  • クラスメイトがいる
  • 時間割がしっかりしている
  • 授業外アクティビティに参加できる
  • 今後の留学につながる

クラスメイトがいる

大学・語学学校が提供する授業では、クラスメイトがいます。クラスの規模は学校によって異なりますが、語学学校なら少人数で4~8人、多ければ12~18人のクラスメイトと一緒に授業を受けることになります。オンライン英会話では1対1、1対2などの少人数が基本ですが、この場合いつも同じ相手と話していると相手の英語のクセや話し方に慣れてきて、いい意味でも悪い意味でもお互いにコミュニケーションがしやすくなるという話をよく耳にします。

ですが、多くのクラスメイトと話せるオンライン授業では、世界中の様々な英語を耳にしたり、文化に触れたりすることができます。対面授業ではもしかしたら教室内で席が遠くてあまり話す機会がないクラスメイトがいる、ということもあり得ますが、オンライン授業ではまんべんなくクラスメイトと会話をすることもできるかもしれません。

時間割がしっかりしている

大学・語学学校では、基本的に週20時間の授業が提供されています。この授業時間数はオーストラリアの学生ビザで定められていますので、必ずこの授業時間を提供する必要があり、学生は80%以上の出席率を保つ必要があります。日本からオンライン授業を受講する場合もこの規定に沿って授業が行われますので、実際に教室で提供される時間割に沿ってしっかりと授業が行われるため集中して勉強することができます。

授業外アクティビティに参加できる

通常語学学校では、必須の授業の他にも多くのイベントが行われています。例えばひたすら英語で会話の練習ができるカンバセーションクラスや、各スキル(リスニング・スピーキング・ライティング・リーディング)のワークショップ、発音練習のクラスを提供している学校が多くあります。そういったプラスアルファの授業を受けられることができるのも大きなメリットです。

今後の留学につながる

オンライン授業を受講してみてやはり対面授業に参加したいといった場合、状況が落ち着いた頃に渡豪し、教室での授業に参加することも可能です。将来留学を考えていて日本にいながら現地の授業を体験してみたいという方や、留学に行くはずだったが残念ながら行けなくなってしまい、さらにスケジュールの調整が難しいといった方にもお勧めです。まずはオンラインで授業を開始し、状況が落ち着き次第現地で対面授業にてクラスを受講するというかたちで予定を立てることもできます。

まとめ

世界中で主流になりつつあるオンライン授業について情報をまとめてみました。オンライン授業では、日本にいながらオーストラリアで提供されている授業を体験することができます。

このような状況だからこそ、物事をポジティブに受け取り、できることから挑戦していきたいですね。留学についてのご相談、オンライン授業についてのご相談は、エクセルエデュケーションまでお気軽にご連絡ください!

ページトップへ戻る