私の英語勉強法:エクセルRISA

エクセルカウンセラーのRisaです。長年、英語と異国の文化に憧れがあり、日本で社会人を数年経験した後に思い切って渡豪しました。英語力をあげるにはどうしたら良いのか..何が一番自分に合っている勉強法なのか..私自身も日々模索しながら学んでいます。今回は、毎日無理なく続けられている勉強法をご紹介します。

目次

映画の字幕あり、なしを交互に見る

初級の段階ではまず日本語で映画を一通り見て、大体のあらすじを理解した後に英語字幕に切り替える方法が良いと思います。英語字幕にした後は、時間を3分などと決めて同じシーンを繰り返し流しながら集中して聞き、慣れてきたら字幕なしに切り替え、聞き取れなかったり曖昧な箇所は字幕でチェックしながら口に出してシャドーイングをします。これを毎日継続していくと、徐々に自分の苦手な音や単語を把握し出来るようになり聞き取れるようになってきます。特に映画やドラマは自然な会話なので、実践英語の勉強法にはおススメだと思います。

気になる英語のニュースを一日5分読む

日本語のニュースは気軽に読めるけど、英語は継続してなかなか読めないなんてことはありませんか?トピックによっては難しいものもあると思いますが、まずは自分の気になるトピックから1日5分でも読むと決めて始めるのがおススメです。私の経験からすると、1日15分を週に3日よりも、1日5分を毎日の方が確実にリーディング力アップに繋がっていると実感しています。ニュースで使われる単語は繰り返し使われることも多く、語彙力アップにも繋がると思います。最初は面倒に感じることも習慣にしてしまえば、きっと苦ではなくってしまうはずです!

毎日英語で日記をつける

これも無理なく毎日続けることが一番大事だと思うので、初めは3行などと決めて、慣れてきたら徐々に長くしていくのがおススメです。 ただ毎日同じになりがちなので、覚えた新しい文法や単語を一つは必ず取り入れるなど、自分なりにルールを決めて書くと飽きずに習慣にすることが出来ると思います。日記でなくても、何かトピックを設定して書くなどでも良いと思うのですが、文法や語彙など学んだらアウトプットのために実際に書くことでライティングのブラッシュアップに繋がると感じています。

恥を捨てて話す

私は多くの日本人が苦手とするスピーキングが上達するには、この「恥を捨てて」がポイントになるのではないかと思います。私もスピーキングが大の苦手でしたし、もちろん今でも苦労することもあります。しかし、何年か前より断然に話すことが好きになった方法は、人前で間違えることを恐れず、恥だなんて思わないように積極的に会話を楽しむようにした事だと実感しています。今は日本にいてもオンライン英会話、ミートアップや英会話カフェなど英語を話せる環境はいくらでも見つけることが出来ますので、話す機会を作り、積極的に間違え、間違えた分どんどん学んでいけたらきっとスピーキング力アップに繋がっていくと思います。

ページトップへ戻る