オーストラリアの大学院申請に必要な書類

大学院申請の前に揃えておきたい書類や、申請した後で更に大学側から求められる書類など、大学院申請にはたくさんの書類が必要になります。早めに準備に取り掛かりましょう。

目次

入学申請書

申請する大学の申請書に必要事項を記入します。申請書はもちろん全て英語ですが、分からないところはエクセルカウンセラーが丁寧に指導しますので心配は無用です。

申請書の提出とともに申請料金の支払いが必要な大学もあります。

成績証明書・卒業証明書

最終学歴の成績証明書と卒業証明書を英語で発行してもらう必要があります。大学やコースによっては日本語の原本も求められる場合がありますので予め発行しておくと安心です。卒業大学に問い合わせて各種証明書を発行してもらいましょう。提出する書類は原本である必要があるため、複数の大学に申請する可能性がある場合は、複数部発行してもらう必要があります。

英語力の証明

オーストラリアの大学院の授業に参加するだけの英語力があるかどうか、自分の英語力を証明する必要があります。各大学では主に下記の英語テスト結果が英語力証明として認められています。

IELTS
・TOEFL IBT/PBT
ケンブリッジ英検

上記の他、英語で大学の勉強を修了した人や、ある一定期間英語圏で住んだことがある人はその事項を証明することで英語力の証明となることがあります。

履歴書や推薦状など

申請するコースによってはコースワークと関係のある職業に就いていたことや、コースワークと関係のある活動を行っていたことが条件となる場合があります。履歴書には会社名や団体名だけでなく自分の肩書きと活動内容を詳しく書く必要があります。また、上司からの推薦状や職歴証明が必要な場合はそれらも英語で準備します。

研究概要など

リサーチコースに申請する場合は自分の研究内容を提出する必要があります。申請する大学の指定に従い関係書類を用意します。

資格証明書

入学に何らかの資格を所持していることが条件となる場合は、資格証明を英語で提出します。

エッセイやポートフォリオなど

志望理由書の提出が求められる場合もあります。自分がどうしてその大学のそのコースを希望するのか、これまでの学歴・職歴や将来の展望を含めたエッセイをA4用紙1枚ほどにまとめます。大学によっては動画での自己アピールを採用しているところもあります。

芸術系のコースなどではポートフォリオ(作品集)などの提出が求められる場合があります。

ページトップへ戻る