大学院進学ステップガイド

オーストラリアの大学院で勉強するにはどうしたらいいの?オーストラリアの大学院へ進学する場合の基本的な留学ステップです。

目次

Step1 大学院進学について

オーストラリアの多くの大学で大学院のコースが設けられています。大学院への進学には大学を卒業していること、またはある分野の職業で重要な功績を上げていること、英語力の基準を満たしていることなどが条件となります。コースによっては大学で同じ分野の専攻を修了していることなどが条件になる場合もあります。

英語のレベルが必要基準に達していなくても問題ありません。語学コースでしっかりと大学のコースを勉強する時に必要なエッセイの書き方やアカデミックな語彙力をしっかりと身につけた後、大学院へ進学するという選択肢もあります。

Step2 大学を決める

学びたいコースは分かっていても、大学を決定する作業が一番時間を要するところです。コースワークの場合は「どの都市の大学にするか」「どのくらい留学するか」などが決め手になるでしょう。また、リサーチの場合は「大学の研究費用はいくらぐらいか」「著名な研究者が在学しているか」「どんな企業・団体と研究を行っているか」「自分の研究したい分野でどの大学が賞を取っているか」など、各大学のウェブサイトをもとに自分の希望する研究ができるかどうか、地元産業や業界とどんなコネクションがあるかをリサーチする必要があります。

もちろん自分の希望するコースとは別に、留学期間、英語力、学費など考慮すべき項目があります。エクセルカウンセラーとしっかり話し合い、申請する大学を決めていきましょう。

Step3 申請手続き

大学院へ申請することを決めたら、日本の大学・大学院の成績表・卒業証明書等を入手しましょう。自分の今の英語力を証明する書類パスポートも必要になります。申請する大学が決まったら申請書の記入、場合によっては履歴書や推薦状資格証明書などが求められることもあります。

英語力が入学基準に達していない場合は、語学学校の進学準備コースや大学附属語学学校のダイレクトエントリーコースでアカデミックな英語力を身につけた後、大学院への入学が可能です。

大学との連絡は全てエクセルが代行します。

Step4 オファーレターの取得と学費の支払い

大学からのオファーレターが届いたらその内容を確認します。学費、入学日、オリエンテーション、滞在方法の選択肢、就学期間などあなたの留学についての情報が記載されています。複数の大学に申請した方は、再度エクセルカウンセラーと相談し最終的にどの大学のオファーを受け入れるか決定します。

大学からのオファーを受け入れる旨の署名をし、最初の学費の支払いを済ませます。支払い方法は大学によって異なります。大学から支払い方法を指定される場合や、エクセルへ日本円での入金が可能な場合もあります。

Step5 COE(Confirmation Of Enrolment)の取得

学校からCOE(Confirmation Of Enrolment)が届きます。この書類を持って学生ビザを申請することができます。COEに記載されている内容が間違いないかどうかきちんと確認しましょう。

Step6 学生ビザの申請

学生ビザはオンラインで申請します。全て英語での申請ですが、内容に記入間違いなどがある場合ビザがおりない場合もあります。エクセルでは申請内容にミスがないよう申請者と一緒に内容を確認しながら進めていくので安心です(有料オプション)。

Step7 学生ビザ取得、出発準備

ビザが取得できたらいよいよ出発の準備です。航空券の取得、留学保険の加入などやることはたくさんありますが、心配ありません。エクセルから出発準備の手引きを送りますので、それを見ながら準備を進めましょう。

義務教育課程の年齢の子供と一緒にオーストラリアに滞在する場合は、地元学校への入学手続きが必要となります。公立の初等教育機関であれば学校の校区内に居住していることが条件となります。学校までの距離や治安など滞在地区を決めるリサーチを始めておくことも重要です。

ページトップへ戻る