オーストラリアでのお金管理方法、どんな方法があるの?

オーストラリアではどのようにお金を管理するのが一番いいの?オーストラリアでのお金の管理方法はいくつかありますが、自分の留学期間や必要になる金額に応じて、以下で紹介する手段を組み合わせることをおすすめします。

目次

現地の銀行口座開設

ある程度の生活費を準備して渡航する場合、また留学中に生活費を日本からまとめて送金してもらう場合や、現地で就労する予定のある方はオーストラリア現地で銀行口座を開設すると便利です。あらかじめ出発前に日本から口座を開設することができるため、生活費を振り込んでおき、現地で口座の有効化手続きをすればすぐに入金しておいたお金を受け取ることができます。有効化手続きの際にインターネットバンキングの開設もしてもらえるので、設定すればインターネットやスマホのアプリから口座の残金や利用履歴も随時確認することができます。他口座への支払いもインターネットバンキングを利用して手続きができるため、わざわざATMや銀行支店まで行く必要もありません。

また、オーストラリアの銀行キャッシュカードはデビット(クレジットとは違い、決済の際に銀行からすぐに支払額が引き落とされる仕組み)カードになっているため、毎回現金を引き出さなくてもキャッシュカードで支払いをすることができ非常に便利です。高額な現金の持ち歩きは大変危険です。手元に置いておく現金は必要最低限の金額にし、それ以外は銀行口座へ入金するようにしましょう。

現地の銀行口座開設はエクセルエデュケーションでサポートが可能です。詳細はお問い合わせください。

<オーストラリアのATMについて>

  • 引き出し最大限度額について
    一日の最大引き出し限度額は$1,000となっています。それ以上の引き出しをしたい場合には、銀行窓口を利用します。窓口で引き出しの際には、身分証明書の提示が求められます。 ATMを利用しても、窓口を利用しても必ずレシートは証明のため発行するようにしましょう。
  • ATMでの入金について
    ATMの種類によりますが、日本と同じように機械に並べてお札を入れて入金するシステムが主流です。ATMには引き出し専用のものと入金もできるものに分かれている場合がありますので、その場合は「Deposit」と書かれた機械を選びます。他口座に入金する場合、入金できたという確認は翌日になることが多いのでご注意ください。ATMでの入金の仕方がわからない場合は窓口で手続きをお願いしましょう。
  • 暗証番号(PINナンバー)
    銀行キャッシュカードとは別に暗証番号の記載された手紙が銀行から届きます。最初の暗証番号は銀行によって設定されています。受け取った暗証番号を利用して、ATMから自分で新たに暗証番号を設定しましょう。
    ATMを利用する際に暗証番号を3回間違えて入力すると防犯上のためATMがカードを取り込んでしまいます。暗証番号を2回間違えてしまった場合、3回目の入力は避けましょう。銀行キャッシュカードと身分証明証(パスポート)を持って銀行窓口へ行くと、新しい暗証番号をその場で設定することができます。最近では暗証番号やその他の情報にアクセルできるモバイルアプリケーションを提供している銀行もあります。

NexPay

現地オーストラリアで銀行口座を開設する人に便利な送金サービスです。

NexPayは長期滞在者向けの送金サービスで、金融機関で難しい外貨送金手続きをせずに、日本国内の振込と同じ手順で日本から現地銀行口座に豪ドルを送金できます。ご利用には登録が必要で、送金完了までには約1週間程かかります。

NexPayの登録や手続きは、エクセルエデュケーションにて代行することも可能です。お気軽にお問い合わせ下さい(別途代行手数料が掛かります)。

NexPay公式サイト

キャッシュパスポート

プリペイド式のカードで、日本国内にてキャッシュパスポートに入金すれば、オーストラリアではMasterCard対応のATMでオーストラリアドルを引き出せます。日本での入金時、オーストラリアでの出金時の両方に手数料が発生し、日本円からオーストラリアドルに換算されるときに換算レートが上乗せされます。

キャッシュパスポート公式サイト

国際キャッシュカード

右のマークの表示のある現地ATMで日本の普通預金口座からオーストラリアドルのお金の引き出しや残高照会ができます。サービス提供をしている代表的な金融機関には新生銀行などがあります。

各銀行によって内容・サービスが異なりますので、詳細は各銀行へ直接お問い合わせ下さい。

クレジットカード

カード社会であるオーストラリアでは、支払い方法がクレジットカードのみといった場合もあるため、一枚持っていると便利です。クレジットカード利用手数料がかかる場合があるため、利用手数料の有無を確認し、現金かカードのどちらを利用するか選択すると良いでしょう。

世界で通用する大手のクレジットカード会社、AMEX、VISA、MasterCardのカードを用意しましょう。

小さなお店やレストラン、マーケットなどではクレジットカードが利用できる最低金額が設定されており、それ以下の金額を支払う場合は現金しか受け付けない場所もあるので注意しましょう。

月々の利用明細を必ず確認し、購入した記憶の無いものに関しては、速やかにクレジットカード会社へお問い合わせ下さい。

各お金の管理方法のメリット・デメリット

現地口座開設 キャッシュパスポート 国際キャッシュカード クレジットカード
  • 為替レートは送金時に確定され、レート変化を気にする必要はない。
  • 現地利用銀行ATMであれば、引き出し手数料は無料
  • デビットカードとして利用でき、高額な現金を持ち歩く必要がない
  • 日本からオーストラリアの口座へ送金をする必要はない。
  • 万が一紛失、盗難にあっても、チャージ額のみの被害ですむ。
  • 日本からオーストラリアの口座へ送金をする必要はない。
  • 日本からオーストラリアの口座へ送金をする必要はない。
  • 日本から送金時の銀行にかかる外貨送金手数料が高い。
  • 銀行での送金手続きに手間がかかる。
  • あらかじめチャージした分を使い切ったら追加で送金することができない。
  • 入金時にも手数料がかかる。
  • 解約時に清算手数料・解約手数料がかかる場合がある。
  • 引き出す度、出金手数料がかかる場合がある。
  • 換算レートはクレジットカードよりも割高である。
  • 紛失や盗難の際に銀行口座の残高が使われてしまう危険性がある。
  • 紛失や盗難の際に使われてしまう危険性がある。
  • 使用できない店がある。
  • 支払い手数料がかかる場合がある。

それぞれのメリット、デメリットをしっかり理解し、いくつかの方法をうまく組み合わせて管理するようにしましょう。

ページトップへ戻る