オーストラリアの交通機関まとめ

オーストラリアの交通機関は電車・バス・路面電車やフェリーがあり、かなり発達しています。都市によって多少値段やシステムに違いはありますが、日本のように電子カードも普及しており、非常に便利です。しかし、やはり日本とはルールが違うこともあるので、現地で戸惑わないようこのページでしっかり予習しておきましょう!

目次

オーストラリアの電車について

オーストラリアの2階建て電車日本のように乗り継いでどこでも行ける!というほど駅は多くありませんが、早くて定期的に来る電車はとても便利です。少し遠めの地域にも行けるのが利点です。近い距離で片道$3程度からと、日本人からすると少し高めの設定です。2階建てになっている車両が多く、自転車やサーフボードを持って電車に乗り込む人も少なくありません。

乗り方は日本と変わらないので問題ないと思いますが、正確さに関してはオーストラリア流。電車が遅れても、自分の駅がキャンセルされて跳ばされても、解決策は待つことです!

ページトップへ戻る

オーストラリアのバスについて

オーストラリアのバス停とバス

バスは街のなか、電車が通っていないこまやかな部分に行くのに適しており、ホームステイをする場合には一番使い勝手がいいかもしれません。最初はルートをよくチェックして、乗る場所、降りる場所を確認しておくのが重要です。乗る前には手を挙げてバスの運転手に合図しましょう。そうでないとそのままスルーされてしまいます。遅れることはさながら、なんと時刻表より早いこともあり、バス停によっては次のバスまで30分…ということも。余裕をもってバス停に到着しておきましょう。

停まる場所の名前の表示はなく、日本のように停車場所が表示される電子掲示板や車内放送もありません。初めての場所に行く場合は、バスの運転手に「○○に行きたいんだけれど、着いたら教えて」と伝えておきましょう。シャイな人は携帯でGoogleMapを開きっぱなしにしておくのがお勧めです!

電子カードが普及してからはカードがないと乗れないバスも多くなりました。電光表示に「PrePay ONLY」と書いてあるバスでは電子カードしか使えないので注意しましょう。必ず前のドアから乗り、運転手にお金を支払うか電子カードを機械にタップします。電子カードには常に十分な金額がチャージされていることを確認しましょう。乗車時に金額が少なすぎると機械にタップしてもエラーになり、乗れなくなってしまいます。チャージ額が少なくなるとタップした時に機械が音と表示で教えてくれるので、よく見ておき、どのくらい金額が入っているか把握するようにしましょう。

国によってはバスはあまり活用できない場合もありますが、オーストラリアのバスの車内はなかなかきれいです。時々運転手が大音量で音楽を聴いているのもご愛敬。降車するときにドアが開かないときは「バックドア プリーズ!」で開けてくれます。降りるときに「サンキュー」をいう人も多いですよ。大きさは日本に普及している公共バスと同じぐらいですが、さすがオーストラリア、知らない人同士でも仲良くおしゃべりしている様子が見られます。声を掛けられてバス内でちょっとした英会話レッスンになるかもしれませんね。

運賃は片道$2.5~$4程の値段ですが、距離によってかなり違います。

ウェブサイトやアプリで料金や所要時間を調べることができますので、活用してみて下さいね。

オーストラリアのフェリーについて

海に近い街ならでは、オーストラリアの街ではフェリーの交通が発達しています。Wharf(ワーフ)という場所でフェリーを待ち、乗り込みます。場所によってはバスよりも早くつけることもあります。料金は片道$5~15程と少し高めですが、気分は最高!観光地やビーチにも行きやすいので週末のお出かけにもいいでしょう。
フェリーは海だけでなく川でも運航しており、ブリスベンではシティキャットと呼ぶほど生活に根付いているそうですよ!

ページトップへ戻る

オーストラリアの路面電車について

ライトレールの線路オーストラリアでは路面電車がよく使われています。特にメルボルンの市内ではたくさんの路面電車が走っています。メルボルン、ゴールドコーストの地域ではトラム、シドニーではライトレールと呼ばれています。自転車持ち込みOKなことが多いようです。

乗り方は電車と同じですが、シドニーでは電車の駅のように改札がないため、乗り場に電子カードをかざす機械がついたポールが設置されています。乗車時、降車時は必ず忘れずにタップするようにしましょう。

ページトップへ戻る

オーストラリアの電子カードについて

都市部では電子カードの利用が便利です。駅やバスの中にある機械にカードを一度かざすと乗車、もう一度かざすと降車できます。現金やデビットカード、クレジットカードを使ってチャージしたり、オーストラリアに銀行口座をお持ちの場合は自動的に引き落とす設定も出来ます。各都市のカードを1枚持っていると、その都市で全ての公共交通機関を利用でき、大変便利です。ニュースエージェンシー、コンビニエンスストア、駅の自動販売機、大型スーパーやオンライン等で購入できます。

学割の適用についてはそれぞれのカードで変わってきます。自分が使えるかどうか必ず確認しましょう。学校の種類・期間によって決まるようです。語学学校の学生には適用されないことが多いです。

使える英語メモ

  • 乗車する時に機械にカードをかざすこと:
    Tap on/Touch on/Tag on
  • 降車する時に機械にカードをかざすこと:
    Tap off/Touch off/Tag off
  • カードにお金をチャージすること:
    Top up

地域によって使用するカードが違うので、それぞれご紹介します。

シドニー:Opal(オパール)カード

Opalカードバス、電車、フェリー、ライトレールすべてに使え、月曜から始まる1週間に8回乗ると、以降運賃が半額になるのが特徴です。また、乗換の際は$2の割引が適用されます。(※最後にタップオフしてから1時間以内の乗り換え、乗り継ぎが対象です。電車→バス、バス→フェリーなど違う交通機関間の乗り換えにも適用!)

なんとシドニーでは紙のチケットが販売されなくなってきています。現地に到着したら必ずOpalカードを購入するようにしましょう。
購入できる場所はコチラから検索することができますので、あらかじめ調べておくと便利ですね。

ピークタイムの設定があり、オフピークに比べて少し料金が高いです。ピークタイムがフルプライス、土日・祝日とオフピークは上記全ての公共交通機関の運賃が30%オフです。学校に通う場合は朝、晩にあるピークタイムにどうしても通学する必要があるかもしれませんが、出来るだけお得に通学できるよう調べてみましょう。
ピークタイムはSydney Trains network areaで平日の午前7時~9時、午後4時~6時30分、NSW TrainLink Intercity services areaで平日の午前6時~8時、午後4時~6時30分です。

Opalカードの公式サイトはこちら

メルボルン:Myki(マイキー)カード

MykiカードMykiカードは購入後、2種類の使用方法を選べます。購入時のまま何も選択をしないとMyki Moneyというタイプになり、カードにチャージした料金から利用の度に運賃が差し引かれます。Myki Passとして登録すれば、定期券のように1週間、1ヶ月、1年から選択してその期間分の料金をまとめて支払うシステムになります。

Mykiカードの料金設定は距離で決まらないので少し計算が難しいかもしれません。Zone1(シティ周辺)とZone2(その周りの郊外)に分かれており、Zone内は一定の料金です。料金形態は、Zone1内、Zone2内、Zone1+2の3つに分かれますが、2015年1月からZone1とZone1+2の料金は同じです。

一度乗車したら、2時間以内は乗り放題です。また、2時間の範囲外にもう一度乗った場合は1日券になり、1日乗り放題になります。シティの周辺はトラムの料金が無料のFree Tram Zoneもありますので、上手に使うと便利です。
通学等で離れた時間帯に2回乗車する人は、いつも1日乗り放題ということですね!その場合は定期券Myki Passの料金と比較して安いものを賢く選びましょう♪
コチラから購入できる場所を検索しておきましょう。

Mykiカードの公式サイトはこちら

ゴールドコースト、ブリスベン:Go(ゴー)カード

Goカード

バス・電車・フェリーすべてに使え、月曜日から始まる1週間に8回使ったら9回目の乗車からは運賃が半額になります!1回の利用運賃も、チケットを買うよりも30%も安いので使わない手はないですね!

運賃は定められたゾーンの移動数によって決まります。同じゾーンの中の移動であれば$3.25、2ゾーン間の移動は$3.96、3ゾーン間なら$6.05…というようにゾーン数が多くなるほど運賃は上がっていきます。オフピークの時間(平日8:30~15:30、19:00~翌6:00及び土日祝日の終日)なら割引が適用され、通常運賃より20%安くなります。(運賃の情報は2018年8月現在)

Go Cardをどこで購入できるか、コチラから調べることもできますので現地到着前にぜひ調べておいてくださいね。

Goカードの公式サイトはこちら

パース:SmartRider(スマートライダー)

SmartRiderバス・電車・フェリーすべてで利用できます。SmartRiderを使用すると、通常の運賃よりも10%OFFで交通機関を利用することができます。さらに銀行の登録をして自動で料金を引き落とすように設定すると、20%の割引があります。

SmartRiderを購入できる場所はコチラから調べておきましょう。

SmartRiderの公式サイトはこちら

ページトップへ戻る

オーストラリア内の長距離移動について

ワーキングホリデーでオーストラリアを周りたいという方、学生ビザで学校の休暇中にオーストラリア国内を旅行したいという方も多いのではないでしょうか。中・長距離の移動手段は電車やグレイハウンドなどのバスもありますが、国土が広く人口の少ないオーストラリアでは飛行機、もしくは車での移動が主流です。
JetstarやTiger Airなどの格安航空会社の航空券は早めに予約すればそれほど高くなく、さらに旅費をリーズナブルに抑えたい場合は長距離バスもオススメです。他国からのワーホリ旅行者も多くいますので、移動中に友達になって一緒に行動するということもよくあります。中には恋愛に発展した方もいるんですよ…♪

ページトップへ戻る

その他注意事項

時刻表について

電車の駅については電子掲示板での表示(次の3便くらいが表示される)が多いようですが、バスやフェリー・トラムの時刻表は場所によって掲示方法が違います。

例えばバス停では紙の時刻表が設置されているところもあれば、稀に電子掲示板のところもあります。

どの交通機関も時間が変動したり、休日はトラックワーク(下記参照)などで路線がキャンセルされることもあるため、上記でご紹介したウェブサイトや各交通機関が作っているスマートフォン用のアプリを利用すればリアルタイムの情報が得られて大変便利なので、ぜひダウンロードしてください。アプリもいくつかありますが、「TripGo」というアプリはオーストラリア全土の公共交通機関のルートを調べることができ、遅れたり早まったりした場合もリアルタイムで到着時刻が表示されるため非常に役立ちます。

特別料金について

上記で料金も少し説明していますが、特別な料金がかかる場合もあります。特に空港までの電車でのアクセスは別料金になる場合が多く、割引も適用されないので注意してくださいね。

土日・祝日の料金について

オーストラリアのピークタイム設定のある地域では週末と祝日がオフピークに設定されているため、平日よりも公共交通機関の利用運賃が安くなります。遠出をするなら週末や祝日がお得ですね。

工事(トラックワーク)について

主に週末に行われる工事が多く、電車なら路線全体がストップしてしまう場合があります。お出かけ前には、その日ちゃんと交通機関が動いているか、工事の場合は他の方法は何があるか調べておくのが重要です。大事なアポイントに遅れないように、毎回チェックする癖をつけておきましょう。通常トラックワークで電車が動かない場合、代わりのバスが運行されます。お出かけの前日には公式ウェブサイトのトラックワーク情報や時刻表であらかじめ調べておくと安心ですね。

ページトップへ戻る