留学に行く際は海外転出届・在留届を提出しよう

留学先が決定し、手続きも順調、あとは渡航日を待つだけ!・・・そんなあなた、「海外転出届」「在留届」についてご存知ですか?今回は、海外転出届・在留届がそれぞれどんなものなのか、またどのように提出できるのかをご説明します。

目次

海外転出届・在留届とは?

海外転出届

海外転出届とは、一般的に1年以上海外に滞在する場合に提出が必要な届け出です。海外転出届を提出すると、日本での住民登録がなくなり、それによって国民年金の強制加入義務がなくなります。また、日本の国民健康保険の加入も無効になりますので、一時帰国の際などは日本で健康保険を利用することができなくなります。また、住民税の支払い義務も免除されます。各役所によって規定が異なりますので、1年前後の留学、または帰国日が未定の長期留学を検討されている方は、必ずお住まいの地域の役所に詳細をお問い合わせ下さい。

在留届

在留届とは、海外に3か月以上滞在する方へ提出が義務付けられている届け出のことです。在留届は、留学先での住所が決定されてから行うもので、現地到着後に行う手続きです。在留届を提出していれば、現地で災害や緊急事態が発生した場合に総領事館や日本国大使館からの援護を受けることができます。現地の安全情報をメールで入手したり、緊急時の安否確認を迅速に行うことも可能です。

海外転出届・在留届の提出方法

海外転出届

海外転出届は、お住まいの役所の住民登録窓口にパスポートを持参し、届け出に記入して提出します。提出は日本出国予定日の2週間前から受付可能です。

在留届

在留届は、渡航先に到着し、住所が決定してからオンラインで提出します。外務省の在留届電子届け出システムから提出が可能です。留学期間が3か月以内の場合、または既に在留届を提出済みの場合も、上記のウェブサイトから「たびレジ」に登録すれば、現地の安全情報を受け取ることができます。

海外転出届・在留届の提出を忘れてしまったら?

海外転出届

長期留学で海外転出届の提出を忘れてしまった場合、海外にいる間も国民年金、国民健康保険料、住民税の支払いが必要になります。それぞれメリット・デメリットを考慮し、提出が必要な場合は必ず日本出国日までに手続きを済ませておきましょう。

在留届

在留届の提出は義務ですが、もし提出をしていなくても罰則等はありません。しかし、提出していることで緊急時の安否確認や日本にいる家族への緊急連絡などの支援が受けられますので、もしものために必ず提出しておきましょう。

ページトップへ戻る