医療関係の留学で知っておいてほしい、OETテストコース

Occupaional English Test(OET)をご存知ですか?

Occupaional English Testの略で、医療関係者に向けた、職業上での英語力をチェックするテストになります。

オーストラリアでの就業は、平均的な給与や休暇の取得等の待遇の面から見ても、日本でキャリアを積んだプロフェッショナルにとってとても魅力的なものです。自分のこれまでの経歴を生かしつつ、マルチカルチャーなオーストラリアで活躍したい!そんなあなたにお勧めできるのが、OETの準備コースです。

日常的な会話に比べ、医療に関係するお仕事では言葉でのコミュニケーションがとても重要になってくるのはもちろん、専門的な難しい単語が頻繁に使われます。そのため、普通の英語コースでは習得できない専門的な知識を学び、英語での就業に備えることが重要になってきます。OETコース修了後にテストを受け、専門職への就職を狙うプロフェッショナル向けのコースになります。

 

OETテストでカバーされる職業は12種類となり、以下が対象です。

  • 歯科医療従事者
  • 歯医師
  • 医師
  • 看護士
  • 作業療法士
  • 検眼士
  • 薬学、調剤士
  • 理学療法士
  • 足病学
  • X線撮影技師
  • 言語病理学
  • 獣医師

 

テストはリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4種からなり、テスト結果はそれぞれにグレードAからEで発表されます。Aに近づくにつれて高い結果となり、就業にはB以上の結果が望ましいです。

ライティングとスピーキングに関しては専門性の高い設問となっていますが、OETコースをとることで効果的にテスト対策ができ、効率よく高得点を狙うことができます。コースには世界から集まった医療関係者が参加しており、クラスメートとの会話はきっとあなたの刺激になるはずです。また、コネクションを作るうえでも格好の機会となるでしょう。

 

OETテストの結果は、専門家としての登録や就職活動時の証明となるだけではなく、専門知識を生かしてのビザ申請時に利用することができます。コースを選択するには基本的にupper-intermediate以上の基本英語力が必要となってきますが、エクセルエデュケーションではこれまでの経歴や現状での英語力等を参考に、ニーズをカウンセリングさせていただきます。最適なプランを一緒に考えることができますので、ぜひ一度お問い合わせください。

ページトップへ戻る